MENU

看護師転職を失敗しないために

看護師の転職なら支援サイトに登録がおすすめ

新しい職場をお探しでしょうか?または今の環境を変えてみたいと思っていませんか?
看護師の転職では支援サイトに登録して担当者と相談しながら、転職先を決めるのが当たり前になってきました。

 

転職のプロに任せるのが、よりよい職場を見つける秘訣です!

あなたは、面接の時に『転職理由』『志望動機』『自己PR』の3点を上手に伝えられるか不安ではないですか?
支援サイトに登録すると、模擬面接や履歴書チェックなど、あなたの苦手としているところもケアしてくれるので、本番での面接も緊張することなく受け答えができるようになります。

 

転職を失敗しないためにも、
しかし、サイトがたくさんありすぎてどこに登録していいか分からないですよね。
当サイトではおススメの求人支援サイトを紹介していますので、参考にしてみて下さい♪

 


失敗しない転職活動の仕方

 

転職活動には、求人広告やハローワークで自分で探す方法とエージェントなどの人材紹介会社に登録して紹介してもらう方法があります。
どちらもメリット・デメリットがあります。
転職したあと、後悔しないためにも新しい職場探しのコツを押さえましょう!

 

  メリット デメリット
自分で探す 自分のペースで転職活動ができる。

多くの情報から希望に合う求人を見つけるのは手間がかかる。
病院や医院のリアルな情報が得られない。

紹介してもらう 転職活動の時間が短縮できて、自分では探せないリアルな情報や非公開求人が見つかる。 紹介者の質に左右される。

 

自分で探すのは大変!?
今の仕事を続けながらの自分で求人情報を調べるるのはとても大変です。
たくさんある病院や医院、クリニックの中から自分にあった職場を見つけるだけでも、時間や労力が必要です。

 

あるアンケートで転職した看護師の54.7%の人が「転職をして失敗した」と答えています。

 

ズバリ! 転職を成功させるカギは転職サイトに登録して上手く利用するのが近道!
良い転職サイトを見つける5つのポイント

 

取り扱っている求人数が多い

求人数が多ければ多いほど、希望に合った病院が見つかる可能性は高くなります。サイト内に掲載されている求人以外にも非公開求人があるかどうか確認しましょう。

 

病院や医院のリアルな情報を教えてくれる

求人情報や求人先の基本情報だけではすべてを判断するのは難しいです。職場の雰囲気や仕事の忙しさ、休みの取りやすさなど、リアルな情報を教えてくれる転職サイトを選ぶようにしましょう。

 

実績が豊富で利用者の評価が高い

利用者の満足度ランキングや口コミサイト、比較サイトなどで成功事例などもチェックして、上場企業なのか社会的な信頼度も参考にしましょう。

 

複数の求人を比較・検討ができる

条件が同じでも、複数の病院を比較・検討することで転職の成功率は高くなります。1つの求人だけでなくいくつも求人を提案してくれる転職サイトを利用しましょう。

 

親身になって相談に乗ってくれる

スピーディーな対応はもちろん、1つの求人を押しつけてくるのではなく、こちらの希望条件を親身になって聞いてくれて、希望以上の提案をしてくれる担当者がいる転職サイトを選びましょう。

 

 

転職サイトに登録してから就職するまでの流れ

 

登録
スマホやパソコンから名前は住所などの基本情報を入力します。

 

希望条件の確認
登録後、担当者と面談し具体的な希望条件を伝えて求人紹介を依頼。

 

求人紹介
希望に合う求人があると紹介されて、応募の意思を伝えて面談の手続きを進めてもらいます。

 

面接
日時が調整されて、求人先の担当者と面談します。
面談で聞かれる志望動機などのポイントやノウハウなどは、事前に転職サイトの担当者からアドバイがもらえます。

 

内定
面談後、担当者から内定の有無の連絡あります。
待遇条件などを確認して入職の意思を伝えます。

 

晴れて転職成功!!

 

 

 

おススメランキング

 

 

今なら最大10万円の「HAPPYボーナス」プレゼントキャンペーンを実施中♪

『ナースではたらこ』は全国に約90,000ある医療機関から希望の職場を選ぶことができる、逆指名制度があり評判になっています。
楽天リサーチ調べ 顧客満足度NO,1だからサービスの質も高く、専属のコンサルタントもいるのでしっかりと希望の条件を満たせます。
安心の上場企業なので個人情報の管理も万全です。
模擬面接や履歴書の書き方もバッチリ指導。

 

登録会社は1つではなく複数登録することで、より多くの転職先が見つかり、給料も異なる場合があるので、条件のいいところを選択することができます。

対応地域
全国

 

 

 

 

 

リクルートの看護師転職パートナー

沿線別や残業なしや夜勤専従、三交代など希望にあった勤務地を見つけることができます。
上京するときなど引越し支度金制度があります。
登録も簡単で1分程度で済みます。
複数の転職支援サイトに登録する場合、多すぎると担当者との連絡が面倒になってしまうので、2つか3つが理想でしょう。

対応地域

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)
関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)
東海(愛知)
九州(福岡・熊本・大分)

 

 

 

 

 

 

ナース人材バンクはマザーズ上場企業が運営しているので、安心して職場探しを任せられます。

また全国対応していてこれまで転職といえばハローワークに通っていたという方も転職支援サイトに登録するということが認知されてきているので利用者も増えています。口コミでは担当者が素早く対応してくれたり、希望の職場を親身になって探してくれたなど、高評価を得ています。
転職時期を半年くらい先に考えている方でも今のうちから担当者に相談しておくのが良い職場を見つける秘訣です。

対応地域
全国

 

 

 

 

 

 

 

美容外科で働きたい方はこちら
美容外科専門の登録サービス

美容外科求人ガイドはこちら

デスクワークがしたい方必見!

・臨床の現場は体力的につらい。
・夜勤のない仕事でプライベートを充実させたい。
・デスクワークの仕事がしたい。
看護師の資格を活かしたデータマネージメントのお仕事も人気になっています。

 

>>メディカルアソシア無料登録はこちら<<

 

社会保険も完備で交通費全額支給です。

 
登録するとどうなるの?

先ず登録すると、コンサルタントと電話や実際に会って、あなたの希望する条件を聞いてくれます。

>>続きを読む

現在の求人状況

看護師の職場は、大手の病院から小さなクリニック、もしくは介護施設や検診センターなどさまざまあります。
いずれにしても、患者さんへのケアと最適な医療現場の提供が基本的な仕事となり、現在では非常に求められている資格であることは間違いありません。
なかなか就職が決まらないために”自殺”という悲しい道を選んでしまう新卒もいる現状で、看護師資格を持つ方々の就職率は100%近いと言えます。

 

求人数も他の職に比べても圧倒的に多く、幅広いので、ライフスタイルに合った働き方を選べるのも魅力でしょう。
給料やボーナスは高額で、最新の医療現場を学べるが、夜勤も多くあり、かなりの激務である大病院で働くも、給料はほどほどだが残業もほぼなく、自分のペースが保てる個人医院で働くも、あなた次第ということになります。

 

2010年の厚生労働省の発表によると、看護師の有効求人倍率は2.31倍。
この数字が何を表すのかというと、仕事を探している1人の人間に対し、仕事がいくつあるかを示しています。
つまり、看護師資格を持った1人に対して、少なからず2つ以上の仕事がある、という”売り手市場”なのです。
いかにこの数値が高いかを理解する上で、別の職業と比べると・・・販売;0.49倍、一般事務;0.12倍となっており、就職に困るという状況はないと断言できます。
ただし、肉体的にも精神的にも負担のかかる職業でもあり、離職率も高いです。どれだけ自分に合った職場を見つけられるかも重要だと言えます。

自分にあった職場を見つけよう

患者にとって医療の場でもっとも身近な存在は看護師です。
ベッドの上で不安にしているときに最初に語りかけてくれるのも看護師です。
お医者さんに聞けないことでも看護師なら気軽に声をかけることができるのです。
看護師に求められることは患者が日常生活に近い、生きた人間らしい生活に近づけるような援助をすることです。
そのためにも沈みがちな患者と接しなくてはいけませんから、優しくて明るい人柄が望まれます。

 

患者が食欲がないことを訴えた場合に、医師はその原因を解明しようとします。看護師は自分の口で食べられる方法を検討します。
そういう気持ちを持てる人が看護師に向いているのです。

 

求人の情報の中には「看護師の資格を有する者」とは書いてあっても「看護の資質を有する者」とは書いてありません。
それは看護師の資格のある人は同時に看護の資質を持っているということだからです。
看護職は人間相手ですから緊張の続く仕事です。
これからますます必要とされる職種でもあります。
少しでも多くの人が看護の道に就いてもらうことが望まれますね。

 

 

ランキングに戻る


看護の世界へ

看護という仕事は、人間を相手とした仕事です。生まれたばかりの赤ちゃんから、子ども、青年、中高年までのそれぞれの成長の過程で必ず起きる健康問題にかかわる職業です。

 

看護職とは法律的な意味合いでは、看護師、准看護師、保健師、助産師などの職種が含まれます。
現在、日本には看護職として働いている人が平成17年の調べでは130万7千人いますが、その内訳は看護師82万3千人、准看護師41万1千人、保健師、4万6千人、助産師2万7千人です。

看護師求人数推移

厚生労働省の調べでは新しく看護職に着く人、退職する人などで平成23年には必要な看護職に対して5万6千人不足する試算が出ています。年々、看護に従事する人は増えていますが、必要とする人数がそれよりも多いため慢性的な不足となっているのです。
資格を有していながら看護職を離れた人もたくさんいます。そういう人たちを再び看護の世界へ就いてもらう求人活動もこれからはますます必要になってくるでしょう。

 

ランキングに戻る


登録するとどうなるの?

先ず登録すると、コンサルタントと電話や実際に会って、あなたの希望する条件を聞いてくれます。
このときに、思っていることを、はっきりと伝えておきましょう。
例えば、残業はできないとか、土日は休みたい、今の給料より5万円はアップしたいなど、ちゃんと希望する条件を伝えることが、転職を成功させる秘訣なのです。
会う場所は登録会社の面談ルームや外の喫茶店などで会ったりします。
そして、担当者が信頼できて安心できる方かどうかもチェックします。こちらの意見を聞いてくれないコンサルタントはやめておきましょう。
もし、自分と合わないようであれば、登録会社に連絡して担当者を変えてもらうか、他の登録会社に変えてみましょう。

 

こちらは、「ナースではたらこ」の会社内にある面談ルームです。
いろいろな資料や履歴書もおいてあります。

 

 

 

『看護師さんのための失敗しない転職の本』をくれます。
履歴書の書き方や、面接で質問されたときの答え方など、転職に役立つ情報が掲載されています。

 

 

もちろん、コンサルタントの方も面接の過去問を教えてくれたりシミュレーションや、エントリー用紙作成、現在の職場を円満退社する方法などをアドバイスしてもらえるので、1人で転職活動するよりコンサルタントがいた方がとても心強いのです。

 

実際に働きたい病院の職場見学をしたい場合はコンサルタントに頼めば可能ですので、失敗しないためにも職場見学はしておいた方がいいです。だいたいコンサルタントが同行してくれるので安心ですね。

 

あとは、コンサルタントと納得いくまで転職先の候補をいくつか探し実際に面接となります。
病院とのやりとりは、全てコンサルタントを通してやりますので何でも相談できる関係を築いておきましょう。

 

求人サイトや新聞・雑誌、ハローワークなど自分で探すのは自分のペースでできるメリットもありますが、転職支援サイトに登録した方が、非公開求人があったり、病院とのやりとりをコンサルタントがやってくれて面接の日程を組んでくれたりと、全てのサービスが無料で出来るのでかなりメリットがあります。
特に初めて転職する方は、条件と違った(残業なしのはずが残業があったり)など失敗する確率が高いのも事実ですからこういったサービスを利用するといいでしょう。

 

ランキングに戻る