MENU

看護師の求人はどこが出してるの?

看護師の職場といえば病院というイメージがありますが、他にも一般企業内にある診療所などで、働く場合もあります。
当ページでは看護師の求人を出している側の解説をしています。

求人は誰が出す?記事一覧

看護師といえばほとんどの人は、「病院に勤務する看護師」をイメージすることと思います。大きくは間違っていませんし、新しく看護師になる人はさまざまな経験をする必要があるため総合病院のような大きな医療機関でさまざまな経験を積むべきでしょう。しかし病院も医療機関の一つであり、その呼び名にも一定の決まりがあるのです。一般的にいわれる病院は20床以上の入院設備をもった医療機関のことをいいます。もちろん中には1...

看護師と聞けば、ほとんどの人は「病院に勤務」している白衣の天使をイメージすることと思います。大きくは間違っていませんが、病院も医療機関の一つであり、その医療機関にも様々な呼び名があるのです。19床以下の医療機関を「診療所」と呼んでいます。19床以下ですから中には病棟の無い外来のみの診療所もあります。街中の診療所では医師が常勤しているところが多いですが、地方の過疎地であるとか、離島では非常勤として週...

看護師は様々な場所で看護業務を行っていますがその働く場所は一般の企業内にもあります。産業看護師と呼ばれていて、看護師の中から条件を満たすことで産業看護師に登録されるのです。産業看護師として登録されるには、看護師または衛生管理者のいずれかの資格を持ち、2年以上の実務経験があること、産業看護部会の会員として「産業看護講座」の全過程を終了していることがその条件となります。産業看護師の仕事は、一般企業内で...

看護師は病院で医師とともに医療業務を行うというイメージが強いと思います。しかし、最近では、老人ホーム、ディサービスなどの高年者を対象とした社会福祉施設で働く看護師も増えています。一口に社会福祉施設といってもその内容はさまざまです。高年者向けの施設以外にも身体障害者向けの施設、知的障害者向けの施設など、障害者のための社会福祉施設があります。また児童福祉施設にも看護師が必要とされるケースも近年では増え...

医療機関では「病院」「診療所」「福祉施設」だけが看護師の勤務先ではありません。看護系の学校、または教育機関などでも看護師に対して様々な媒体を通じて、求人を出しています。看護系の学校では、「看護専門学校」「高等学校衛生看護科」「看護大学」「看護短大」などです。これらの看護師の養成機関ではさまざまなカリキュラムがあります。その中でも現場研修はもっとも重要な科目の一つです。実際の現場での研修になりますの...

看護師の勤務場所は「病院」が大多数ですが、もちろんそれだけではありません。地方公共団体も常に看護師の募集をしています。公務員ですから公務員試験を受ける場合と嘱託などの勤務形態を取る場合もあります。また、地震や、台風、津波、洪水などの大規模な自然災害にも医療活動として急きょ募集がかかる場合があります。そのような場合は広報や、テレビ、ラジオなどで広く募集が行われるようです。行政機関の一般的な勤務場所と...

看護師の就業先は多岐にわたっています。大きな意味で「病院」「医療業務」といえば間違いないのですが、昨今では医療の細分化などでさまざまな就業先があり、看護師にとって選択の幅が広がるばかりでこれはとても良い状況といえるでしょう。その就業先の選択肢の中には「企業立病院」という病院があります。そのままの意味ですが企業が運営している病院です。経営母体としては大企業が多く、社員の健康管理の場としての一面を持ち...

日本でも看護師の不足は大きな社会問題となっています。しかし看護師の資格をもちながら看護業務についていない人もたくさんいるのも事実です。そういう意味で、潜在的な看護師の数という意味では、日本を含めた欧米先進国のなかでもその人数は多いと言われています。そこで世界に目を向けてみますと、看護師の数が少ない国がたくさんあるのが現状です。もちろん医師も足りませんし、薬品を扱う人、注射を打てる人、医療業務のさま...