MENU

看護師の求人条件

看護師の求人条件について解説しています。
看護師のお仕事は夜間だったり日曜日だったりと、不規則なお仕事です。
職場を探すときには自分にあった条件で選ぶのが長続きする秘訣です。
そんな看護師の求人条件について解説しています。

求人条件記事一覧

看護師の仕事といえば、医師の補助、注射、検温などが思い浮かびます。しかしそれだけではなく看護師の仕事内容は非常に多様で多岐にわたっています。ここではその看護師の仕事内容について見ていきましょう。総合病院と個人病院などでは、看護師の仕事内容は大きく異なります。個人病院では、その「かかりつけ医」としての性質上、何かあればまず最初に訪れる病院としての「外来看護」が主な仕事となります。総合病院では、その規...

看護師の勤務形態は大きく分けて、日勤、3交代制、2交代制、当直の4種類からなっています。日勤は入院病棟のない個人病院などの勤務形態です。個人病院では、新卒の募集をすることは少なく、ある程度、総合病院などで経験を積んだ転職者を求人する場合が多いです。一方、3交代制は多くの病院でとられている勤務形態です。時間は、日勤が8時から16時半、準夜勤が16時から0時半、深夜勤が0時から8時半までが一般的です。...

ここでは看護師の給与について考えます。給与は労働の対価であり、看護師に限らず労働者が就業を継続する意欲に影響を与える重要な要素です。例えば常に人出不足をいわれる中小零細の製造業、農業、介護サービスの就業者の賃金は、就業者の平均賃金より明らかに低いです。労働に見合わない賃金であると考えれば、労働者は就業しませんし、(離職するなどして)就業を継続しなくなり、人出不足が起きることになります。長く専門職と...

ここでは看護師(ここでは女性の)の福利厚生・休日について考えてみます。どの職場でもそうですが就業の継続を重視するのであれば出産・育児を支える制度の有無は決定的な要因であるといえます。産前・産後を見てみると、夜勤や当直の免除や軽減がもっとも多くなっています。ここでも看護師にとって夜勤が大きな負担になっていることがわかります。また古いデータになりますが、出産を控えながら他の看護師と変わらない夜勤や当直...