MENU

看護師の求人問題

看護師の仕事はとてもハードな職業です。
肉体的にも大変ですが、大きい病院にお勤めの場合人間関係でイヤになってしまう方もいます。
そんな看護師の職場環境や離職率について解説しています。

求人問題記事一覧

高齢化社会を迎え、高度な専門的知識・技術を持った看護師による質のよい看護サービスへの期待は高まっています。一方で医療現場での「看護師不足」の声は高く、その対応として「日本インドネシアEPA」によって、2008年10月に初の外国人看護師として、インドネシアの看護師約200人が来日しました。2009年3月にはフィリピン人看護師も来日し、それぞれ日本での看護師資格取得を目指しています。そのような中で、人...

日本は絶対的な数では欧米諸国と比べても劣らないほどの看護師を抱えています。しかし病院数、または病院の病床数が多いため、医療機関単位で見れば慢性的に看護師は不足しているということになります。そのため、病院を含めた医療機関は常に求人を出しているような状況です。看護師が勤めるところは一般的に病院と思われがちですがその勤務先は様々です。もちろん病院が一番多いのですが他には、診療所、個人医院、社会福祉施設、...

「看護師不足」という言葉は、看護師に対する“需要と供給”の関係を示す言葉であり、どんなに看護師の供給数が多くても、それを上回る看護師需要が存在すれば、「看護師不足」の状態になります。日本では病院数の多さ、病床数の多さから慢性的な看護師不足に悩まされてきました。そこで外国人看護師の受け入れということになったのです。現在ではインドネシアとフィリピンからの看護師を受け入れています。本来であれば、現在就業...

看護師の仕事はとにかく忙しいというイメージがあります。外国の医療現場を視察した人の話では日本と違って外国の看護師は忙しさを感じさせず、却って優雅に仕事をしているように見えるということでした。日本の看護師の数は病院あたりの看護師の数では、欧米よりもかなり少ないですがそれ以上の何かを感じたようです。そこで看護職員の実態調査を紹介します。2005年のデータなので少し古いですが現在でも通用する内容だと思い...

圧倒的に女性の比率が高い看護師ですが、一般のOLと異なるのは、看護師には夜勤の勤務があるということです。夜勤には大きく分けて三交代制と当直制の2つがあります。三交代制の夜勤時間が約8時間半くらいなのに対して当直制の勤務は拘束時間が16時間以上と、極端に長くなります。一般の病院で行われている三交代制というのは、日勤、准夜勤、深夜勤に分かれて勤務することをいいます。勤務は24時間続けられ、病棟の看護業...

病院は24時間体制で入院患者の看護を行うために、看護師の勤務形態は必然的に夜間勤務を含みます。そして日本の病院における看護師の勤務形態は3交代制が主流になっています。そして、2003年度の勤務形態の統計を見てみると3交代制、変則三交代制を採用している病院が約半数、ついで2交代制、変則2交代制が16%となっています。このように、日本では三交代制が古くから実施されていて、今でも多くの病院で3交代制が採...

看護師の離職率は長年上昇傾向にありましたが現在では10%前後の小康状態という状況になっています。それでも専門職の中では、この離職率は高水準であるといえます。このことは経験年数が重要な看護師の勤務年数が短くなり、一貫した看護技術の向上が期待しにくくなっていることを意味します。さらに、一度退職すると看護技術の維持は難しく、新しい看護知識の獲得にも時間がかかるので、看護技術の維持・向上の面からも、看護師...

よくいわれる「離職」とは、看護師を辞めるということです。将来的な復職もありえますが現状では看護師を辞めるということ離職とよんでいます。一方、「転職」は看護師のまま職場を、つまり医療機関を変えることです。離職をする最大の理由は、「出産・育児などの家庭生活との両立が困難」なことが第一に挙げられます。転職の場合の第一は、「人間関係」です。医療の現場では慢性的な看護師不足です。医療機関は看護師の数を揃える...